関空で海外wifiをレンタルする手順を確認しよう

関空の保安検査場を通る前にwifiレンタルするべき理由

モバイルwifiをレンタルしたい

海外へ旅行に行く時にモバイルWi-Fiをレンタルする方が多いですが、まだ一度もレンタルしたこのない方はどのようにして借りるのかわからないと思います。なのでモバイルWi-Fiをレンタルする時の流れを解説していきます。

関空で海外wifiをレンタルする手順を確認しよう

Wi-Fi

webから申し込みを行う

海外Wi-Fiを取り扱っている業者はたくさんあるので、自分が利用したい業者を探します。探すことが出来たら申し込みフォームまで行き必要な情報などの入力を行ないますが、この時にどのようにして受け渡しをするか決めます。関空など大きな空港でレンタルと返却することも可能で、宅配便での受け渡しも可能です。支払方法は基本的にクレジット払いになります。

モバイルWi-Fiの受取

空港で受け取る際は、出発当日に受け取ります。受取カウンターが空いている場合は10分程度での受取が可能ですが、混み合っている場合は数時間待つこともあります。なので飛行機に乗り遅れないためにも余裕を持って受取窓口へ行きましょう。窓口では身分証明証の提示が必要となりますが、海外へ行く方はパスポートを持っているので問題ないでしょう。宅配便で受け渡しする時は普通の荷物を受け取るように日時指定なども出来ます。

空港受取で気を付けること

モバイルWi-Fiを受け取る窓口は基本的に保安検査場の前にあります。なので一度保安検査場を通ってしまうと戻れなくなってしまうので窓口へ行くことは出来ません。なので必ず保安検査場を通る前にレンタルしましょう。Wi-Fiルーターは電池で動いているので電子機器扱いされてしまいます。手荷物として持っておきましょう。

海外Wi-Fiレンタルをした方の口コミ

回線速度も問題なかった

仕事で一週間ほどインドへ出張に行きましたが、日本とインドでSkypeのやりとりを行うので海外Wi-Fiをレンタルしました。海外でWi-Fiルーターを使用するのは初めてだったので回線速度が心配でしたが全く問題ありませんでした。快適に利用できたのでまた機会があれば利用しようと思います。

一人旅のお供に

一ヶ月程海外に一人旅へ行きました。長期間の滞在なのでネットが使えないと不便だと思い海外Wi-Fiレンタルをすることにしました。外で美味しいレストランなどを探したりマップが使えたりととても役立ちました。また長期間の滞在だったので日本にいる家族との通話もSkypeで済ませることが出来ました。

新婚旅行で海外へ

夫婦共に英語がめっきりだめですが、何かあった時にネットが使えたらどうにかなるだろうという考えでモバイルルーターをレンタルしました。レストランで店員さんとコミュニケーションを取れたり、私達の代わりに英語を喋ってくれてとても助かりました。マップのお陰でしらない土地でも迷うこと無かったです。

SNSをするために

普段からSNSをよく利用しているので海外へ行っても使うだろうと思ってルーターをレンタルしました。滞在していたホテルがWi-Fiの飛んでいない有線接続のみだったので無かったらと考えると夜暇でやることなかったんだろうなと思います。食べた料理などをSNSにたくさん投稿する事が出来たので満足しています。